スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラノベ作家になろうと温めていたシナリオ
2010年02月04日 (木) | 編集 |
79734973.jpg




1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 22:32:47.75 ID:YbAJM0Ke0
スラム化した町に住む青年
そこでは己の拳のみが武器、青年はスラム化した地区の最強の称号を得る
そんな青年が一般の地区にひょんな事から移動する事に
かつての仲間達との大規模な戦争へと発展する
主人公はどちらの味方なのか!?って感じ
どうかな



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 22:35:21.03 ID:N88J82J60
そんな青年が一般の地区にひょんな事から移動する事に

かつての仲間達との大規模な戦争へと発展する


ここをもうちょっと詳しく。


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 22:39:37.01 ID:YbAJM0Ke0
>>3
えーと、少年はそのスラムで生きていく為にチームを発足させる
姉=指令 友=運び屋 女友=戦闘(主人公の助手) などなど
その中で主人公である少年は戦闘(白兵戦)を担当
一般地区から選抜された鬼みたいな強さの男がスラム地区へとやってくる
少年のチームはその男と戦闘、壊滅的ダメージを受け、皆がやられる
そこで男は主人公を一般地区へと連れて行く
そこから年月がタチ、一般地区とスラム地区との戦闘がはじまる
そこでスラム地区の主力ともなる敵がかつて自分が所属していたチームであった
という感じです





4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 22:36:51.32 ID:sKGVNsZS0
スラム街と一般地区の住人が大規模な戦闘状態に入るってことかな


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 22:46:07.76 ID:N88J82J60
その話の流れだと

>青年はスラム化した地区の最強の称号を得る

これは必要ないような気がする。

男は少年の隠れた才能を見抜いて連れて行く とか。



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:00:18.68 ID:YbAJM0Ke0
お話を考えるのって難しいな
初めて文章にして書いてみたけど、あまり面白くなさそうだ……
やっぱり設定とか考えずにいきなり書いたほうが、いい作品ってできるのかなぁ


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:04:30.32 ID:k8TFXZ4r0
>>7
他人に見せるなら、素人が設定一人語りしててもムダ
現物出さないと信用されないよ


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:01:40.27 ID:YbAJM0Ke0
少し数出して考えていくので、磨いたらよくなりそうなのあったら教えてください


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:03:49.27 ID:sKGVNsZS0
この状況だと主人公はスラム側につきそうだ。もしくは男にとって敵になる側にしかつかないだろう


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:05:46.70 ID:YbAJM0Ke0
魔王とピアノ

少年時代にピアノの天才と言われた少年
あまりにも絶賛され尽くした少年は怖くなる
自分は何の為にピアノを弾いているのだろう、と
スッパリとピアノの世界から身を引いた少年
年月が経ち、偶然に一つの廃墟を見つける
中に入ると、ピアノを下手糞ながらも楽しげに弾く小さな少女の姿をした魔王の姿が
少年は魔王を見つめピアノを見つめなおし、ピアノが楽しい事を少しずつ思い出していく



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:10:20.13 ID:9KlVu8Pj0
>>12
魔王の姿をした少女てなんでわかるの?


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:11:42.20 ID:YbAJM0Ke0
>>15
これはあらすじみたいなものだから、後から分かってくる事も先に書いてる


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:14:51.38 ID:YbAJM0Ke0
天才な少女

天才な少女がいた
頭脳明晰で世界中が轟いていた
そんな少女は自殺を実行
自殺が実行されると、その日の朝に時間が戻る
少年はループの仕組みに気付き、少女が自殺をしないように説得する
しかし少女は取り合わない
少年は少女を生かす為に頭脳を使い、少女は死ぬために頭脳を使う
頭脳VS頭脳の戦いがはじまる



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:22:05.24 ID:YbAJM0Ke0
>>24

自殺を実行っておかしい?


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:26:49.89 ID:3T9bGgOI0
>>28
おかしいっていうより、相手に読む気にさせたいという意欲が感じられない。

ちなみにキャラ設定は重要。


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:27:49.94 ID:ogJSZK2oO
>>28
もっと分かりやすく、かつ興味を引くような書き方をしやがれ!
って事じゃないかな?


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:27:56.08 ID:5aijr+X30
>>36
あらすじに何言ってんだ?


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:28:57.36 ID:YbAJM0Ke0
>>36
あぁそっちの意味か
淡々としすぎてたな、反省するよ


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:29:03.45 ID:DFNpwCgT0
>>38
あらすじにインパクトも興味も持てない作品なんぞ誰が読むか


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:15:35.23 ID:3QP9dJApQ
身体障害者のリハビリために開発された『W.A.L.S.(World Area Location System)』。
それはデジタルの世界に脳を接続し、実際の体に偽装し訓練するものである。
(仮に足を骨折したなら、デジタルの世界で足を作り出し、サッカー等で実際の足の動きを訓練する)

時は流れ、『W.A.L.S.』は別の形で世の中に普及した。
各国の軍隊はこれを新兵訓練プログラムとして正式採用し、
一般的には『もう一つの世界』として広まっていく。

だが、『W.A.L.S.』の脳であり絶対的司法、『i』は自己矛盾により暴走。
『W.A.L.S.』内の住人に対し無差別的な軍事行動をとりはじめる。

それを止めるために、ありとあらゆるゲームのトップランカー達が未知の領域、『サーバー:ゼロ』を目指す・・・


どうですか?



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:30:50.40 ID:Hc4qtwLK0
>>19
それなんてコーデットアームズ
いやまぁそういう厨二好きだけどね!


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:19:36.73 ID:ZQZwLtWe0
ぶっちゃけストーリーよりキャラ練ったほうが良いと思う


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:20:57.77 ID:YbAJM0Ke0
>>22
キャラを考えてからストーリーをへっつけていくって感じか
その考えはなかった


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:22:55.38 ID:ogJSZK2oO
>>22
キャラの生い立ちとか作るのが楽しくて、シナリオの方の筆が進まないです
orz


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:19:38.41 ID:5aijr+X30
シナリオっていうほど設定を作れてない、ってのがそもそも変じゃね?



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:22:54.34 ID:NhRELMrp0
何書こうとしても既存の作品のコピーみたいになる
びっくりするほど新しいジャンルってないもんかね


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:23:06.45 ID:anKHDWqO0
先ずラノベ以外の本を読めよ。ラノベ読みの書いたラノベなんてただの縮小再生産じゃねえか


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:25:26.15 ID:YbAJM0Ke0
>>31
読んでるよ
国外だとトルストイやドフトエフスキーをよく読む
国内だと花袋や星新一を読んでるな


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:30:01.74 ID:anKHDWqO0
>>35
トルストイやドストエフスキー読んでたらもう少しマシなのを考え付くだろう。


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:32:59.62 ID:LIKSRftW0
>>31
ラノベなんてそこらの文学の簡易量産型みたいなもんだからな。
コピー品を元に設計してたらそりゃ駄目だわw


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:37:25.92 ID:YbAJM0Ke0
>>44
時代の流れっていうのがあるからな
例えばドフトエフスキーの罪と罰で言うと、その時本にならず、今この世で出版会社にもっていかれたとする
すると本に必ずなっていたか、って言われるとそうでもないし、なる可能性は低いよ
殺人を犯した青年の恐怖や憤りが時間の流れでどう変化していくのを俺は楽しんだがな



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:32:05.93 ID:qqjYJyrs0
ラノベ書こうとしてる自分を主人公にしたら簡単に話できるくね?


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:40:13.71 ID:Hc4qtwLK0
時代は今より少し昔のニューヨーク。主人公は完璧に仕事を遂行する一流の殺し屋。
一日2パックの牛乳と肉体のトレーニングを欠かさない彼の唯一の楽しみは、安アパートで自分と同じように根っこを持たない鉢植えの観葉植物に水を与えることだった。
彼の隣の部屋に住む12歳の少女もまた、家族から疎ましがられる孤独な少女。
ある日、不気味な男と部下たちが彼女の父親を訪ねて、預けたヘロインをかすめ取った奴がいると言い、明日の正午までに盗んだ奴を捜せと告げて帰る。
翌日、不気味な男と仲間たちはマシンガンを手にアパートを急襲し、たった4歳の弟も含めて彼女の家族を虐殺した。
ちょうど買い物に出掛けて留守だった少女は帰ってみて、何が行われたか気づいた。
彼女は涙をこらえながら部屋を通り過ぎると、主人公の部屋のドアベルを鳴らし続けた。
突然の訪問者にとまどう主人公に、少女はしばらく匿ってほしいと頼む。
さらに彼が殺し屋だと知った少女は、最愛の弟を殺した相手に復讐するために、自分も殺し屋になりたいと懇願する。



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:43:42.64 ID:ASmchho7P
>>57
レオンじゃねえかw

マジレスすると、ラノベとハードボイルドって相性悪いような気がする


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:40:14.44 ID:ogJSZK2oO
純文学とラノベと携帯小説とSSはマーケットが違うから、必ずしも夏目やら田山やらを見習えばいいって訳ではなかったりする
だからって見習わなくていい訳でもないガガガ

早い話が色んな本を読めやゴルァ


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:42:29.87 ID:k8TFXZ4r0
>>51
設定の企画って、それを料理する作家の力量次第で名作にも駄作にもなる
たとえば、>>1の設定で永井豪か原哲夫が書くんだとしたら、それなりに想像し判断も下せる
でも、代表作すら見たことない匿名の作家志望じゃ、どんな出来になるか分かったもんじゃない。
設定だけぽいと出されても何とも言えん


67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:48:11.19 ID:3T9bGgOI0
主人公のキャラ設定と取り巻くサブキャラ(脇役・敵役等)をもっと細かく設定。
結構面倒なことだけど、ストーリー展開を考える上では欠かせない要素。
あと、どの作品も必ず完結させる。意外とこれが難しい。
失礼ながら、未完の作品は何の価値もない。



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/03(水) 23:55:44.21 ID:3QP9dJApQ
物語書く人ってどういう理由で書いてんだろうな


俺は人が楽しむのを見るのが好きだから、そのための手段

皆が読んでくれるなら金はいらん


87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/04(木) 00:08:17.07 ID:MA0jGTl50
>>73
1.自分の求めるモノと、作者が表現したがってるモノにずれを感じ始める
2.こういう方向性or展開なら読みたいんだけど…作者絶対そうしねぇよな…
3.力量不足は承知しながら、しぶしぶ自前で創作を始める
こんな流れだった


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/04(木) 00:04:34.97 ID:lcKxP3AK0
ストーリーよりもキャラ設定よりも重要なのは演出だと思う。
どういうシーンを見せたいか、そのシーンでどういう効果を狙うのか、
そのためにどういう文章をかかなくてはならないか。
特に序盤のつかみの場面と、ラストの場面がしっかり見えてれば良いものになるんじゃないかなあ。
こういうスレによくいる、あらすじとか設定とかが先行してる人は、この辺がまったく気にしてなさそうだなあと。


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/04(木) 00:05:32.28 ID:DY0c+bwX0
自分の考えたものでご飯食べられたら幸せじゃんか
まあ爆発的に売れないと食べていけないだろうけど



88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/04(木) 00:08:25.65 ID:lcKxP3AK0
作家になって得られるもののために作家になろうとしてるのか
何かを成すために作家になるのが一番簡単なのか

後者の方が後世まで残るんだろうなあとは思う


101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/04(木) 01:16:00.63 ID:IIYTRPda0
勢いで書きすぎると変な癖がつくって聞いたことがある


103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/04(木) 01:33:19.70 ID:zbu7CbNR0
能力を使うと寿命を削る。だからと言って必ず能力はいつか放出される。
主人公は能力により
少し好きな女の子、妹、兄に〝寄生〟する事になる。
しかしその事を知るのは少し後の話。

こんなの考えている


104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/04(木) 01:51:04.63 ID:3ifz2fev0
勢いで書き続けてるとそれなりに平均を取ったレベルの物が書けるようになるって話もある


105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/04(木) 02:00:39.96 ID:IIYTRPda0
読んで書いてるうちに目が肥えて自作に納得できにくくなった、ってことも考えられるかしれん
実力を明確に知りたければ作品にちゃんと年月日を記入して事ごとに比較すりゃいいんでね?


115 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/04(木) 03:05:36.57 ID:yF1LGSii0
">舞台はマフィアが抗争中のイタリア
若頭の主人公はある日襲撃され命からがら路地へと逃げ込む
そこである青年に助けられてしばらくそいつのもとで暮らすことになる
しかしその青年は抗争中の敵のボスの隠し子で・・・
みたいな

角川ルビーあたりで出してみたいなとおもってた



116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/04(木) 03:07:13.60 ID:IOpGUZSF0
ちょっと聞きたいんだけど
複数の主人公がいるストーリーなんだけど
時系列を並行して読むのとと一本一本別にして読むの
どっちが面白そう?


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/04(木) 03:08:36.09 ID:3ifz2fev0
>>116
最初は群像劇的に進展して、最終章に向けて収束していくのが好み。


121 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/04(木) 03:11:08.23 ID:yF1LGSii0
長野まゆみってラノベって扱いでいいのかな?

ラノベって括りよりももの書きならなんでもよくて
周りの奴が勝手に分類しちゃってるイメージあるけど
ラノベ書きたいからラノベレーベルなんだろうか?


134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/04(木) 03:20:12.71 ID:f97zDM1h0
おほおお折れ電撃の4月締めの賞に向けて書いてるぜ。
漢字二文字のタイトルがあがってたら褒めてくれよ


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/04(木) 03:24:05.80 ID:yMixDaa90
半径1km能力無効化の主人公(青年)と
周囲500m以内の知的生命体の意識支配ヒロイン(少女)の物語
幼少期に少女の能力に気づいた政府(能力を管轄する組織)が能力抑えるために2人を人里離れた館に監禁しているが、
強力な能力者の逮捕には主人公の能力が必要になるため組織から派遣される。それが各エピソードとなる
その際主人公は少女に手錠をかけてベルトに固定してるために真性ロリ野郎扱いされる。
途中には吸血することで能力を劣化コピーする少女やらなんやらが登場。

最終エピソードはラスボスがヒロイン。
館の雑用係を能力を使わずに洗脳し主人公を殺し脱走。
無能化劣化コピーやら今まで出てきたサブキャラ総動員でヒロインを逮捕監禁して終わり。




138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/02/04(木) 03:26:36.37 ID:3ifz2fev0
>>137
定量的能力バトルはお腹いっぱいです><;




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。